海にかかる霧 (2014)

2001年に起きたテチャン号事件を基にした舞台を、ポン・ジュノのプロデュースにより映画化したサスペンス。悪天候の中、漁船で中国から韓国へと密入国しようとした人々と船員たちに起きる出来事を描く。人気グループ、JYJのパク・ユチョンが漁船の船員役に扮し、本格映画デビューを果たしている。監督:シム・ソンボ、脚本:ポン・ジュノ、キャスト:キム・ヨンソク、パク・ユチョン、ハン・イェンリン

海にかかる霧 (2014) : Sea Fog のあらすじ

漁船チョンジン号の船長チョルジュ(キム・ユンソク)は不漁に苦しみ、漁船の修理もままならないほどに困窮していた。新人乗組員ドンシク(パク・ユチョン)以下5人の乗組員の生活のための金策に走り回る中、チョルジュは中国の朝鮮族の密航を仕方なく引き受けることとなった。密航決行の夜、荒れた沖合に出たチョンジン号に中国船から飛び移る密航者たちの中で、一人の若い女性ホンメ(ハン・イェリ)が海に転落する。それを見たドンシクは海に飛び込み、ホンメを救出する。しだいにホンメに好意を抱くようになったドンシクはホンメを船の機関室に招き入れるが、そこに海洋警察の巡視船が現れる。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 母なる証明 (2009)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。